2020年11月02日

これを貴重な分水嶺として

2面「時時刻刻」に「大阪都構想 2度目の選択は」「排水の維新 公明と共闘 吉村知事人気前面に」「反対派一枚岩でなくとも 訴え共通 財政見通しを批判」「公明支持・無党派層に変化 出口調査」がある。「府知事選と市長選のダブル選を仕掛けて公明党を賛成に転じさせ、『最後の決戦』として臨んだ2度目の挑戦」「松井、吉村両氏は今回の住民投票で否決されたら、3度目はないとの考えを示し(略)23年までの市長の任期満了を持って政界を引退する考えを表明」(本文引用、以下「」内同様)。維新は公明党潰しを意図し「関西の衆院6選挙区への候補者擁立を何度もちらつかせた経緯がある」。これは本物の恫喝といえるけど、そんなことにビクつくようではイカンでしょ。そういえば市財政局が都構想関連で重要な試算を公表して、市長の逆鱗を買ったという報道があったが、都構想が敗北したからといって、市長がネに持ったりしたら、いよいよ維新の勢いはダウンする。ここはひとつ太っ腹でいかないと、党勢立て直しの重大な時期を失するだろう。公明党も支持層の半分を超える反対票が出て動転しているだろう。そこできっちり身の振り方を考えなかったら維新といっしょに奈落の底かもね。事態は中央の自民党にも波及する。改憲の国民投票の結末が、彼らの脳裏にまざまざと浮かんだかもしれない。それが現実となる前に、維新か公明か、どちらかで重要な穴がぽこっと開くか。以下にとてもいいことが書いてある。「思うに、大阪の人々には、適当に受け流しているように見えて、いざ決断を迫られる段になると、にわかに正気に返るようなところがある。ここのところはわれら東京都民と大いに違っている点だ。東京都民は、しょせんは烏合の衆で、ひとたび軽薄な流れに乗ってしまうと、引き返すことができない。その点、大阪の人々は、立ち止まって考えることができる。この点において、彼らはより都会人なのだと思う」。もしかしたら、東京より大阪(関西)から大きな変化の波が押し寄せるかも、なんて楽観的になってしまった。街頭での市民運動は、関西の方が元気な気がするし・・・!
☆「小田嶋隆の『あ・ピース・オブ・警句』〜世間に転がる意味不明 『改革は待ってくれない』というのはウソ」日経ビジネス10月30日
https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00116/00092/?P=1
自民党は大阪自民党が盛り返す可能性に期待しつつ、中央で維新の勢いが落ちたら困るといったねじれを抱え込んだ。4面月刊誌広告には、それを予測する事態がチラリ。「『ポスト菅』が皆消えた■只一人『安倍』だけが意欲満々」の長い前振りは、「『大宏池会構想』でコケた岸田と派閥霧消の石破。ライバルの自滅で早くも来秋の無投票再選が菅の視界に。五輪前の『都議選とのW選挙説』が急浮上する中、隙あらば『再々登板』を狙うのが安倍だ」。やっぱりあるか地獄の予測。だけど五輪がパアになり、世間がアベ再々登板を歓迎するかどうか。叩き上げスガ氏が簡単に総理の座をあっさり第3アベシに譲るかどうか。7面の「記者解説」には「菅義偉首相とは何者か 権力へ強い信奉 政策は『人に聞く』」があり、幹事長代行に野田聖子氏を起用したことの背景が少し語られている。「自分の後継を野田氏にという選択肢も頭に」との見方がある。そして「一方で菅氏に垣間見えるのがある種の引け目や気後れだ」。つまり「政策の議論になると勝てない」という単純な話。一方、アソウ・アベとの暗闘は、すでに始まっている。ヘタをするとただのつなぎ政権になってしまう可能性は、政策は弱くても政局には強い彼のこと、しっかり自覚しているはず。政策を他者に依存し、後継の候補をまず野田聖子に据えて、スガ・ニカイVs.アソウ・アベ抗争を乗り切るといった作戦があるのかもしれない。しかし「政策」を語れないのは「政策」は空っぽだということで、独自色はなく、前政権のやり残しをつまみ食いするのが関の山。あからさまにやって前政権の本音を曝け出したら、野田当て馬構想が潰えたとき、第3次アベ政権のやり方が国民にはとてもわかりやすい見え透いた策謀と知られてしまうことになりかねない。大阪庶民の示した意地がどこまで広がるか。重要な出発点を得た気がしてならない。
posted by ガンコジージ at 11:28| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする