2010年10月01日

機知縦横、軽妙洒脱、グサリど真ん中

だいぶ前のことになるが、以下のようなおもしろい提言を、あるブログで見た。「日本貧乏党綱領草案」という。機知に富んでいて、洒落ていて、しかもしっかりと的の中心を射ており、いたずら心に満ちていながら、本気になってこんな党をつくりたくなる。そんな愉快な発想が輝いているのを感じて、思わず手を叩いてしまったものだった。
「これはいい、いつかこの文章をこのブログで紹介しよう」と思っていたのだが、なかなか果たす機会がなかった。ずいぶん時間が経過してしまったが、それでも紹介する意味が薄れるものではない。
それどころか、こういった自由で幅の広い発想がいままさに必要とされる時代になっているような気がしてならない。とまあ、前置きはそれくらいにして、全文を紹介させてもらう。現実のあれこれの組織がこんなふうに自由な発想を持っていたら、もうすこしおもしろい現在があるのかも知れない、なんて思ったりして・・・。

********************

日本貧乏党綱領草案
1.我ラハ日本貧乏党ト称スル。
2.我ラハ平等ニシテ自由ナル日本国ヲ建設スル。
3.ワガ党員ハ年収五百万円以下、資産二千五百万円以下ナルコトヲ要ス。
4.上記ノ制限ヲ超ユル所得・資産ヲ有スル党員ハ、ソノ超過部分ヲ党ニ寄付スルモノトスル。
5.我ラハイカナル個人・団体ニ対シテモ土地ノ所有ヲ認メナイ。
6.スベテノ国土ハ公共財デアリ、現行ノ所有権ハ、使用権ト読ミ替エルコトトスル。
7.土地ノ使用料ハ国ガ算定シ、国庫ノ収入トナル。
8.スベテノ為替取引オヨビ証券取引ニオイテ、所有権ノ移転ゴトニ取引税ヲ徴収スル。
9.全国民ニ健康デ文化的ナ生活ヲ保障スル「ベーシックインカム」ヲ支給スル。
10.所得税オヨビ相続税ノ最高税率ハ95%トスル。
11.法人税ノ税率ハ50%トスル。
12.スベテノ国民ハ、一定ノ年限、公務員トシテ勤務スル義務ヲ負ウ。
13.教育オヨビ医療ハ、スベテノ国民ニ無償デ提供サレル。
14.イカナル国トモ軍事同盟ヲ結バズ、平和外交ヲ旨トスル。
15.軍備ハ専ラ国土ノ防衛ニ当ル最小限度トスル。
16.天皇家ノ皇位継承ハ、天皇家ノ判断ニ任セル。
17.ソノ他定メナキ事項ハ、人間ノ基本的平等ヲ旨トシテ、ヨキニ計ラウ。
 大正九十九年七月十七日 日本貧乏党綱領委員会 

********************

以上、「志村建世のブログ 多世代交流のブログ広場」より引用。
posted by ガンコジージ at 07:07| Comment(1) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご紹介ありがとうございます。
第5条に「イカナル国家」を追加する必要がありますね。
Posted by 志村建世 at 2010年10月01日 10:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

尖閣諸島の領有権とは
Excerpt: (熊さん)いきり立ってた中国が、ちょっと落ち着いて正常化に向いてきたようですね。 (ご隠居)ああ、日中関係をぶち壊しては元も子もないからな。船長も取り戻したし、潮時と思ったんだろう。だがな、中国は何..
Weblog: 志村建世のブログ
Tracked: 2010-10-01 10:29