2021年03月01日

コロナの最先端でなにがわかってきたか

4面の月刊誌広告が少し変な動きを示している。国際政治枠の表題が横揺れ中。今回のはちょい大きめの揺れだ。「醜い欧州の『ワクチン騒動』」では、その騒動に手を突っ込んで「おれにもよこせ〜」と駄々をこねている日本の姿が見えない。でも、国内に移るといつもの元気が出てくるのが救いだ。一瓶で6回接種できる国産注射器があるのに「5回しかできないなんて、どういうこと?」とブログ主は思っていた。そこで「やはり元凶がいたんだね」と納得した記事は、「ワクチン『注射器問題』混乱の元凶」。電力市場が大混乱のいま「卸電力取引所『狂乱相場』の全内幕 『停電危機』でぼろ儲けした輩たち」と「電気料金『値上がり』は今後も続く 国民に痛苦を強いる経産省」は、言い訳を振りまく官制評論家が「新電力はつぶれるべくしてつぶれる」などと書きまくっているが、その背景に大手電力会社の独占体制を維持しようと必死に画策する経産省の姿を彷彿とさせる。その先にある近未来を示すのが「『インフレ』その時何が起きるか 金利上昇に必要な『備え』」の記事。気をつけろと警告を発してくれている。コロナ関連では「『強欲ファイザー』にカモられた日本 ワクチン購入で隠された事実」「『変異ウイルス』に無防備の日本 『第4波』は複雑で難解に」に興味が湧く。でも、なぜか今回の月刊誌は揺れているような気がしてならない。「元気出せよ〜!」と勝手なエールを送るブログ主だった。
15面「科学の扉」の「コロナ変異 世界で追跡」は貴重な記事。「2020年4月、米国のチームによる、専門家の査読を受ける前の論文が公開され、研究者の注目を集めた。新型コロナウイルスの遺伝情報に生じたたった一つの変異がウイルスの感染力を強め、世界的な感染拡大の『主流』になっている。論文はその可能性を示唆していた。その後の数ヶ月で、中国・武漢で初めて確認されたウイルスはほぼ検出されなくなり、この変異を持つウイルスが取って代わった。変異は『D614G』と呼ばれ、日本で感染が続くウイルスに受け継がれている」「特徴的な変異を目印にすると、世界中の新型コロナを『クレード』(分岐群)と呼ばれるグループに分類できる」「国際的な研究プロジェクトは2月末時点で12に分けており、『家系図』を描くこともできる」(本文引用)。武漢で検出された「19A」以降、「20A」からはD614G変異を持って世界中に広がったとあるが、このあたりのことは、現状の世界的なコロナ研究の最前線では共通の認識になっている。日本の第1波では、アベ氏が胸を張って「日本モデル」と自賛していた段階で、武漢型はほぼD614G型に取って代わられていた。アベ的緊急事態宣言発令の判断は、ちょうどその境目で終息を迎えたのであり、中途半端な判断で解除、その後に気が緩んでGoToなんて始めたがゆえに、D614G型の蔓延を許してしまったということになる。別に「日本モデル」なんて胸を張る根拠などなかった。この時期すでに、臨床医学と基礎医学の最先端では、武漢型衰退と変異種の到来が指摘されていた。そして次の変異株である「N501Y」の脅威も認知されていた。
その後、世界中で変異ウイルスが検出され、警戒が強まっている。この間およそ1年。世界はまだ危機の真っ只中にある。日本が変異株の検査を強化するとしたのはつい先頃のこと。それ自体が遅きに失しているかもしれない。とはいえ「N501Y」を検査できるPCR法も国立感染症研究所で開発され、対応は進んでいる。「十数年前にできたウイルスの遺伝情報を世界で共有する枠組み」がわずか1年で「60万を越す新型コロナの全遺伝情報」につながっている。ここまで進んでいる研究の現状から見えてくるのは、時代遅れの理屈でコロナ研究を批判しているマッドサイエンティストたちのことで、彼らは、おそらくこの十数年の進歩に追随できなかった人たちなのだろう。そんなのに引っ掻き回されるなかれ。混乱に拍車をかける愚を犯すことになるがゆえに。
☆「感染・伝播性の増加や抗原性の変化が懸念される新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の新規変異株について(第5報)」国立感染症研究所1月25日
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000731944.pdf
posted by ガンコジージ at 10:36| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。